<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
続きです→GoPro: 2014スーパーママチャリGP走行動画
午前7時55分、スタート5分前。スターティンググリッドに並ぶライダー達。
c0166765_12385662.jpg

2014年1月12日のスーパーママチャリグランプリ参加レポの続き、レース走行動画編である。

前日の準備の様子から当日の走行動画までを3分半にまとめている。まずはご覧いただきたい。

BGMもGarageBandで自分で作っていたので公開まで時間がかかってしまった。
どんな感じのイベントなのか、当日の雰囲気がわかっていただけると思う。

今回は急速に市場を伸ばしているアクションカメラを導入、上記の動画を撮影した。
c0166765_12473832.jpg
GoPro HERO3 Silver Edition。超軽量、強靭、多彩なマウント、単純操作が特徴のカメラで、数万円と非常に安価かつ地上波放送にも耐えうる高画質さ売りだ。「水曜どうでしょう」最新作のアフリカ編で車のボンネットに装着されていたのは記憶に新しい。
c0166765_159137.jpg
元サーファーが創業者ということもあり設計思想にふんだんなユーザー視点が見られ非常にかゆいところまで手が届いている。

また、たくさんのスポーツイベントや選手をサポートし、YouTube公式チャンネルには数日置きに魅力的な動画がアップされている。
http://jp.gopro.com/channel

c0166765_1371388.jpg
今回はこのようにヘルメットに装着してママチャリGPに挑んだ。

最後にマシンに装着していたサイクルコンピュータ(スピードメーター)の記録をご紹介したい。
c0166765_1429134.jpg

左上から時計回りで、走行時間7時間7分、走行距離152km、最高速度51.14km/h、平均速度21.41km/hだ。最高速は動画では1分50秒のあたり、1コーナーを曲がってからの下りで記録している。最終順位は・・・250位/1400チームだった。

次回ママチャリグランプリは4月20日、ちょうど本日参加お誘いのメールが届いた。今度はカートコースで行われるので、また違った角度の動画が撮れればと思っている。

前日までの準備の様子はこちらのエントリー
参加レポ更新→2014スーパーママチャリグランプリ富士スピードウェイ
http://mentoscoke.exblog.jp/21578731/



【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3 ブラックエディション アドベンチャー CHDHX-301-JP
[PR]
by mentoscoke | 2014-01-31 17:30 | スポーツ
参加レポ更新→2014スーパーママチャリグランプリ富士スピードウェイ
去る2014年1月12日、F1などのモータースポーツで名高い富士スピードウェイ(静岡県御殿場市)で開かれたママチャリによるレースの世界選手権、スーパーママチャリグランプリに参戦した様子をレポートしたい。
c0166765_20412221.jpg
僕は努めていた会社(今では主要取引先であるが)の先輩に誘っていただき、一昨年から同期や先輩方、後輩(と言っていいのか、僕の独立後の入社なので)達と走っている。正月のレースは今回で2度目だ。
c0166765_20441160.jpg

こちらが昨秋から投入したレースマシン。走行系パーツの変更禁止、サドル・ハンドルの高さ規制などママチャリGPでは厳しいレギュレーションがある。アルカンシェルカラー(ホントの自転車世界選手権優勝者にだけ許されるカラーリング)を施してみた。
c0166765_20501193.jpg

このマシンで富士スピードウェイの本コースを10人ひとチームで交代しながら7時間走ることになる。

本来F1のようなレースカーが走る高低差35m(10階建てビルに相当)を7時間もママチャリで走るというレース自体じゅうぶん過酷なのだが、このママチャリGPの過酷さはそれだけではない。戦いは前日から始まるのだ。
c0166765_21125693.jpg
前日朝から車がスピードウェイに並び始める。本来のゲートオープンは午後5時。それまで各々1日時間をつぶすのだ。
c0166765_21345778.jpg
雪だるまを作るもの、自転車の整備をするもの、酒を飲むもの皆様々だ。
c0166765_21354320.jpg
日も傾きかけた頃にはネコバスも完成していた。
c0166765_21372868.jpg
5時ゲートオープン直前にはもうこれだけ車が並んでいる。午前中から並んだ僕らは右前方2列目で待機。
c0166765_2142235.jpg
ゲートオープン後も入場に行列に継ぐ行列。その後壮絶な場所取り争いの末ピット裏には一大テント村ができあがる。
c0166765_2143149.jpg
参加チーム数は1400チームなので参加者だけで1チーム10人だから1万4千人という大規模イベントだ。富士でF1が開催されたのもずいぶんと昔になってしまったし、エコブーム全盛、モータースポーツの凋落と言われている昨今、寂しいことだがヘタな車やバイクのレースの観戦者数より多い。

さて忘れてはならないのが季節。今年の1月は例年よりもずいぶん寒かった。
c0166765_21471433.jpg
写真はレース前々日のもの。日暮れから雪が降り始め今冬一番の冷え込みとなった。この日がレース当日ではなくて幸いだったが寒さは残った。
c0166765_2149650.jpg
前日の夜も気温は-4℃に。皆テントでは発電機で灯りをともし、ストーブを焚くだけでなくピットから延々コードをつなぎ、こたつを囲む猛者チームも。皆これから零下の世界を朝まで戦うのだ。準備が全て終わった午後10半、車中泊のチームの皆を残して僕は富士スピードウェイを後ににした。

レースの模様は次回に続く

レース当日の模様、続きはこちら→GoPro: 2014スーパーママチャリGP走行動画
http://mentoscoke.exblog.jp/21582560/
[PR]
by mentoscoke | 2014-01-30 23:06 | スポーツ
デザインしました→【大洗駅限定】Bトレガルパン列車特別プレゼントペーパークラフト 弊社作品紹介 その3
2013年12月21発売となったバンダイBトレインショーティー鹿島臨海鉄道6000形・ガールズ&パンツアー・ラッピング車であるが、ガルパンの聖地(舞台となった茨城県大洗町)まで足を運んでいただいたファンのために、大洗駅売店で購入の方限定の特別プレゼント「大洗駅ペーパークラフト」が配られている。このペパクラを僕がデザインさせていただいた。現地での取材した際の写真を交えて詳しくご紹介したい。
c0166765_229417.jpg
こちらがそのペーパークラフト。A3サイズと大きめのしっかりとしたボリュームだが半分に折ってもパーツに干渉することがないので持ち帰りにも便利だ。
c0166765_229471.jpg
全てのパーツを切り抜いた状態。たった4パーツで大洗駅が構成されている。展開図を頭の中でぐるぐる考えてなるべく貼り合わせが少ない繋がった形状を追求した。
c0166765_2352340.jpg
山折り、谷折りを指示通り進めると形が見えてくる。写真付きの組み立て方説明書も配布しているのでそれほど難易度は高くないと思う。
c0166765_2512444.jpg
今回は切り取り指示のないホームの看板部分も切り欠いてみた。強度的にはタイトになるがかなりのリアルさが得られるので腕に自信のある諸兄は挑戦してみてはいかがだろう。(切り欠き部分がわかりやすいよう下に青い紙を敷いている。)
c0166765_2375473.jpg
すべてののりしろを貼り合わせて完成。
c0166765_2413091.jpg
駅舎だけでなく、高架部分のプラットフォームまで作ることができる。
c0166765_2423611.jpg
ちょうどBトレのガルパン列車が戦車輸送台車まで含めて1編成を飾ることができる大きさだ。

このペーパークラフトのデザイン制作にあたっての現地取材の際の写真と比較しながら見ていきたい。
c0166765_2483025.jpg
まずは駅舎正面。Bトレにあわせた1/150のNゲージサイズであるがBトレ同様横方向にショーティー化されているのがわかると思う。
c0166765_2485311.jpg
イメージを損なわずデフォルメすることに非常に神経を使ってデザインしている。学生時代に建築デザインを専攻していた小生、建築の寸法規格の知識があるので現地でメジャーで採寸する必要などもなく、新しく建築設計しなおすようにデフォルメすることができた。
c0166765_2575583.jpg
ホームと駅舎をつなぐコンコース部分もしっかりと短縮して再現。
c0166765_2585595.jpg
リアルさを出すため、レンガやコンクリート、地面のタイルのテクスチャーは全て取材時の本物の大洗駅の写真素材を取り込んで制作している。
c0166765_342740.jpg
ホームへ向かう階段部分も広告まで再現。
c0166765_342435.jpg
取材時のホームの写真を繋げてみた。
c0166765_371577.jpg
ショーティー化してはいるが雰囲気は出ているのではないか。
c0166765_394365.jpg

大洗駅に停車中のガルパンラッピング列車。車両の向きは駅舎側がトイレ側になるので写真ではトイレのない側面のイラストが並ぶ向きになる。
c0166765_311673.jpg
写真向かって左手前側が水戸方向、右奥側が鹿島神宮方面になる。
c0166765_531232.jpg

最後に取材時夕暮れを待って劇中に大洗駅が登場した際のイメージでHDR(多重露出)撮影した駅舎の外観で比較したい。
c0166765_3212782.jpg
リアリティを出そうとするとどうしてもゴテゴテのテクスチャーを使いさらにウェザリングなどで清潔感まで失いがちであるが、窓表現はガラス部分にかかる影の他に一段奥のブラインドにあたる影をさらに重ね、立体感だけでなくガラスの透明感/空間感を出してバランスをとることに注力した。
c0166765_3214343.jpg

こちらはバスに乗るシーンとほぼ同じカット
c0166765_3233564.jpg
サンプル撮影の際、背景を白一色ではなく夕暮れのグラデーションを再現したほうが良かったか。次回への課題にしたい。
c0166765_3241352.jpg
同業のデザイナーの方々の多くはグラフィックデザインやプロダクトデザイン、はたまたアニメ畑出身者であり、僕のような建築デザイン出身のデザイナーは少数派である。

また僕自身もやはり普段パッケージなどのグラフィックデザインの依頼が多い。そんななか今回のペーパークラフトは僕にとってまさに「水を得た魚」になれた依頼だったと思う。テクスチャー表現だけでなく、寸法や構造など建築デザインを踏まえたもう一歩踏み込んだリアリティを出せたのではないか。

Bトレ購入者に大洗駅限定での配布となっているので是非足を運んでいただければと思う。建築系デザイナー渾身のペーパークラフトで聖地巡礼に花を添えれればと思っている。

単価のハードルの低いペーパークラフト。町おこしイベントや、商店街のアピールに自分の商店を再現したペーパークラフトなどいかがだろうか。気軽にご依頼していただけると嬉しい。喜んで取材に行きたい。

さてここまで3回にわたって紹介してきたガルパン列車関連。次回第4回は取材時に大洗町を散策した様子をご紹介できればと思う。


Amazonへはこちらから

Bトレインショーティー 鹿島臨海鉄道6000形・ガールズ&パンツァー・ラッピング車 (気動車2両+IV号戦車)
[PR]
by mentoscoke | 2014-01-21 17:00 | Bトレインショーティー
デザインしました→【本日発売】BトレインショーティーDD51形+EF64(ユーロライナー色)
c0166765_15295289.jpg
バンダイから2014年1月18日にBトレインショーティー DD51形ディーゼル機関車+EF64形電気機関車(ユーロライナー色)が発売となった。パッケージや取説、ステッカーのデザインを弊社で制作させていただいている。またパッケージ背面掲載の説明文も弊社で書かせていただいた。

リンクはこちら
バンダイホビーサイト今月の新商品
http://bandai-hobby.net/train/btr/item/index.html#newitem131202

JR東海管区内の団体列車・イベント列車に使われていた「ユーロライナー」の専用機として客車に合わせた塗装の施されたこの機関車。ジョイフルトレインに目がない私はさっそく組み立ててみた。
c0166765_15354450.jpg
DD51は運転席の窓が旋回窓付き、屋根パーツが扇風機無しの前期型の791号機、EF64は前面に通気口ルーバーがあり、屋根上の避雷器がパンタグラフの前にある35号機を選んでみた。

特に凸型のディーゼル機関車のショーティモデルは非常にかわいいと思うのだがいかがだろうか。

どちらもワイパー窓に無線アンテナ付きの後期型の屋根を組み合わせたDD51 1037号機、前面通風口無しと避雷器が車体中央に寄った後期型のEF64 66号機も選んで制作する事が可能だ。

同時発売のBトレの14系700番台客車「ユーロライナー色」(ユーロピア)と共に楽しんでいただければと思う。

Amazonへはこちらから

Bトレインショーティー DD51形ディーゼル機関車+EF64形電気機関車 ユーロライナー色 (機関車2両入り)


Bトレインショーティー 14系700番台 ユーロライナー色 (緩急車+中間車)
[PR]
by mentoscoke | 2014-01-18 15:55 | Bトレインショーティー
あけましておめでとうございます。2014弊社年賀状公開
あけましておめでとうございます。
c0166765_19192376.jpg
昨年も皆様のご厚誼を賜りまして、創業8年を過ぎました。

独立したての頃、お世話になった方に教えていただいたお話のなかで

1年保った会社は3年続く
3年保った会社は5年続く、
5年保った会社は10年続く、
そして10年保った会社はずっと続く

というものがありました。
まずは3年続ける、次は5年と節目、節目を目標にがんばってきました。
「〜10年保った会社はこの辛さが一生続くんだよ」との笑い話もありましたが
まずは来年2015年10月の創業10周年を目指してがんばっていきたいと思います。

しかしこれもまたデザイナーという職業上、ご依頼いただける皆様あってのこと、
非常にありがたいことでもあります。皆様、今後ともご愛顧の程何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
by mentoscoke | 2014-01-01 00:00 | 告知



作品の紹介や日々の業務、プライベート等をレポート。定期更新にくじけています。 福島県出身。 ご依頼ご連絡は下記アドレスへ。   mentoscokeアットマークgmail.com   
by mentoscoke
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twitter
リンク
カテゴリ
全体
業務
私事
作品
告知
思うところ
iPhone/iPad
カメラ
猫写真
パソコン
工作
原発事故
おもちゃデザイン
科学
建築
そのへんの街角から
鉄道

取材
スポーツ
Bトレインショーティー
究極超人あ〜る
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 08月
お気に入りブログ
鉄ヲタのパパの部屋!!
デザイン事務所シクロ W...
かものはしや店長ブログ
最新のトラックバック
Appleをもっと詳しく..
from Apple
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
季節のご挨拶
at 2018-11-30 12:27
(有)デザイン事務所 シクロ..
at 2018-10-25 16:50
デザインしました→Bトレイン..
at 2018-02-19 12:00
デザイン・撮影しました→ドラ..
at 2018-02-12 12:00
デザインしました→ガンガンチ..
at 2018-02-05 12:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧