カテゴリ:思うところ( 10 )
終戦の日に

伝わらないなぁ。動画は昨日の自宅から聞こえる自衛隊の演習音の様子である。が、音というよりも振動の方がビックリする。着弾の衝撃か、棚からものが落ちることもある。

今朝は6時頃から始まった自衛隊の演習音で目が覚めた。音というよりも振動で目が覚めたというほうが正確だ。昨日今日はいつになく音や振動は大きく、自衛隊にお盆はないようだ。といってもこういった揺れまであるのは越してきて半年で4日だけだった。26日にある富士総合火力演習へ向けての訓練だろうか。

スーパーの駐車場には普通に装甲車が止まっているし、迷彩服の人たちとレジに並ぶ事も多い。近所の旦那さんも隊員でいっしょに運動会にも出た。右翼でも左翼でもない、でもどちらかといえば反戦派な僕も御殿場市に越してきてからというもの、東京に住んでいた時には感じもしなかった案外そういったものに向き合っているというのもまた事実である。
[PR]
by mentoscoke | 2012-08-15 22:27 | 思うところ
江の島線で噂の青いネコ型ロボットに遭遇。
ニュースになった昨日の今日、あの特別編成にたまたま遭遇しました。
c0166765_0301591.jpg

ニュースはこちら↓
小田急ドラえもん電車、ラッピング中止---東京都条例に抵触

1編成しかないし、9/30にはラッピング終了してしまうのに普段ほとんど小田急を使わない僕が遭遇したのはすごい確率かも。

続きはこちら
[PR]
by mentoscoke | 2011-09-25 01:53 | 思うところ
あれれ?地デジ対策いらず!?
アナログ停波まであと10日になりました。

アナログテレビには7月になってから左下、画面の1/9を使って大きく「アナログ終了まであと○○日」と出るようになり、「ウィンブルドンテニスのスコアが見えない!」などと1万7千件の苦情が来たらしい。

地デジ:告知字幕に苦情1万7000件
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110702k0000m040109000c.html

どれどれどんな具合だ?とテレビを付けてみるも、あれ?うちのテレビはアナログなのにそんなの出てないなぁ。
c0166765_1474545.jpg

良ーく見ると右上に『デジアナ変換』と。???
c0166765_151119.jpg

試しに事務所に行ってテレビをつけたらこんな感じ。
c0166765_1575454.jpg

猫型ロボットもびっくりな大きさ。(画面手前の黒い線は撮影ブースの照明の足。撮影台の下にテレビおいてあるので、、、弊社ではTVはそんな地位)

調べてみるとうちはCATV回線で地上波見てたのでケーブルテレビ会社がそんなサービスを始めたらしい。

2015年3月31日までアナログ受信機継続利用の視聴者をサポート
http://www.itscom.jp/nrelease/articles/39/fy2010/20100526

もっとアピールしようよ。買い替えた人完全に情弱扱いになっちゃうじゃないか。

ということで唐突に地デジ対策が出来てしまった訳ですが、ここに来てもう一つ疑問が。

これは弊社スタッフの家からもらったハードディスクレコーダー(DVDが故障)の録画サムネイル画面。
c0166765_233481.jpg

7月の録画分になってから「オリジナル」の右に明らかにコピー禁止的な表示が。もともとDVDが壊れてるのを貰ったのでコピーなど出来ないので気にしてなかったのですが、これってもしかして地デジをデジアナ変換してるから?→デジタルを認識しているということは地デジチューナー対応だったのこれ???

今説明書が見つからないので、7/24に事務所に持って行ってドキドキ実験してみようかしら。

皆さんもこんな感じで意外と買い替えなしに地デジ見れちゃうかもしれないので調べてみたらいかがでしょうか。

そして電器産業界に最後に質問。ケーブルテレビがデジアナ変換サービスできるならその機械の家庭用版なんで発売しないの?すごく高価なものになっちゃったりするの?

追記:友人から指摘あったので誤解のないように追記しておきます。ビデオ端子入力になる地デジチューナーじゃなくてテレビとかのアンテナ端子から入力できるデジアナ変換機はないのか?って話です。そうすれば今までの機器のチャンネル設定もそのままだし予約録画とかもそのままつかえるものね。

地デジテレビが売れなくなるからとかB-CASで限定受信方式がどうとかそういうつまんない事は言わないように。
[PR]
by mentoscoke | 2011-07-14 02:20 | 思うところ
やっぱり厳しい芸術学部卒就職事情
本日の朝日新聞の1面記事、「大卒2割 進路未定」から。
c0166765_19375552.jpg

やばい、芸術・スポーツ科学がダントツワースト1じゃないか

ええ、もともとそういうもんです(笑)僕が行っていた芸大建築科も卒業時はだいたいこんな感じでした。院に行かないと就職はままならず、半数以上が院に。まともに就活して就職したのは学年15人の中で僕だけだったと思います(建築ではなくおもちゃ会社への転身でしたがw)。

気にかかるのは芸術とスポーツ科学がひとくくりにされている点。最初に1年通った筑波大学を思い出します。

筑波大学では学部学科の名前が独特だったのですが、その中でも芸術は芸術専門学群、略して「ゲーセン」、体育が体育専門学群で「タイセン」、医学が医学専門学群で「イセン」と呼ばれていました。

それで筑波では「三大バカ」と卑下される存在が「ゲーセン」「タイセン」「スイセン」でしたw

「スイセン」は推薦入試枠入学者のことでこの3者は2次試験を学科で受けてない人たちなのです。芸術は絵で試験ですし、体育も実技試験ですもん。もちろん「イセン」はこの仲間ではありません。

しかしこの筑波三大バカが鋭いのは最後に「推薦」が入っている事です。最近AO推薦入学者(一芸で慶応にとかのアレ)が就活で企業に人気がないとか。僕世代のAO推薦入学者が中堅社員になってあんまりいい評価されてないのかな?鋭かったなぁ「三大バカ」はと今になって思います。

それでも少子化の昨今、AO入試は学生確保の方法として増える一方。どうなっちゃうんだろ。

それはさておき進路未定トップの芸術系ですが僕の芸大の同級生はというと最初はふらふらしててもなんだかんだと個人事務所で働くようになったり、僕のように独立したりして皆元気にやっているようなので結局は実力次第なのかなと思います。

そしてなんと弊社にも就職希望のメールがデザイン専門学校の子から今年初めて来ました。ごめんなさいね、弊社は今年採用予定はないんです。改めて人を増やせるくらい仕事がんばりたいなと思いました。
[PR]
by mentoscoke | 2011-07-03 20:39 | 思うところ
クリエイターと災害
まずはこちら。
【外国特派員協会で原子力資料情報室が記者会見】
記者が今までと違ってクレバーなので。どういう選択肢の上に自分たちがいるのか知って自分で判断してほしい。そのための情報は必要だと思います。


とはいえ僕らにはどんな形になるにせよ日常がやってきます。
金曜日は家族の安否確認や片付けで全く仕事にならなかったので、月曜朝締め切りのデザインをようやく13日にやりました。

両親と祖母は福島にいるし、テレビでは悲惨な映像をたくさんリアルタイムで見てしまいました。原発事故も現実となっているなかで温かいとか、明るいイメージでとか依頼されたデザインをするのはとても辛かったです。

結構プロとしてこういうの切り分けて仕事してきたつもりでしたが、改めてクリエイターは感情労働なんだなと思いました。
[PR]
by mentoscoke | 2011-03-14 02:59 | 思うところ
ついにリビアも政権崩壊か 攻殻機動隊で読み解いてみる

上の動画は超有名な「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の冒頭部分です。

IN THE NEAR FUTURE - CORPORATE NETWORKS REACH PUT TO THE STARS, ELECTRONS AND LIGHT FLOW THROUGHOUT THE UNIVERSE.

THE ADVANCE OF COMPUTERISATION, HOWEVER, HAS NOT YET WIPED OUT NATIONS AND ETHNIC GROUPS.

日本語では

企業のネットが星を被い
電子や光が駆け巡っても
国家や民族が消えてなくなるほど
情報化されていない近未来ー

という字幕から始まります。(すみません、YouTubeでは英語版しか見つからなくて)

Facebookやtwitterで団結した民衆が政権を打倒するチュニジアから始まった中東情勢を思い起こさせる文章ですがこの映画は1995年秋公開、原作は89年ですから今から22年も前、NEC98シリーズが全盛期の頃ですから驚きです。

動画の3分34秒のところで「我が国は平和主義の民主国家だ」と言って外交官が暗殺されるのも妙に示唆的です。

中国の検閲状況やGoogleとのやりとりを見てネットが世界を平らぐことはないのかとあきらめていたのですが、YouTube・twitter・Facebook・そしてそれらに街角からアクセス出来るスマートフォンの世界的普及でここにきて機運が高まったと言える気がします。事実YouTubeで流れるデモの動画にスマートフォンで動画を撮影してる人が映る事の多いこと。

そしてチュニジアが崩壊すると光の早さで瞬く間に情報は世界に伝わりエジプト、バーレーン、そしてリビア、だんだん民主化?革命?(今回の一連の動きをどう言ったらいいのかわからないが)の難易度が高い国へと連鎖的に進んでいるように見えます。うちの国でもFacebookとか使えばいけるんじゃないか的に。最終的にイラン・中国でもデモが起きているようですし。

さて、話は攻殻機動隊に戻りますが、冒頭の文章が2002年に制作された「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」では少し表現が変わっています。


こちらはバンダイチャンネルの無料動画(まるまる1話見れちゃいますよ)。1分41秒のところで件の文章が出てきます。

あらゆるネットが眼根を巡らせ
光や電子となった意思を
ある一方向に向かわせたとしても
“孤人”が
複合体としての“個”になる程には
情報化されていない時代・・・

となっています。この表現がそこそこネットが普及した2002年の空気だったのかもしれません。そして8年経ち、今回の一連の中東情勢は“複合体としての個”が国家を崩壊させたように見えます。しかし89年の表現のようにやはり国家や民族が消えてなくなる訳でなくその“枠”の中での話ですが。

冷戦の集結とともに東側社会の崩壊、アメリカのITの隆盛と経済の崩壊による自信の喪失、に次ぐ新しいフェーズ、情報技術の一般化と超個人主義的総意?新しい民主主義?(ごめんなさい、誰かうまいこと名付けてくれないかな)が、とにかくもはや胎動ではなく生まれちゃってる気がします。

ただ、これがテレビではどうかって言うと、リビアの情勢よりもパンダの到着を生中継するのがNews23だったり報道ステーションだったりするので(リビアではかなりの情報管制が敷かれてるようなので使える絵が少ないのはわかりますが)僕はそっと電源を消してしまうわけで、もちろん地デジなんか対応していませんw
[PR]
by mentoscoke | 2011-02-23 18:12 | 思うところ
中国系サイトに海賊版削除要請 朝日新聞2/2朝刊
昨日の今日ですが早速今日の朝刊の38面でBaiduライブラリに対して講談社、集英社が削除要請を1日にしたと報じています。

法的措置も検討せざるを得ないとの声明ですが、これでみんなに広く知られることとなりよりアクセス上がってアップされる書籍も増えたりして。

削除要請の他に自分で運営した方がこういうの無力化できるしビジネス的にも未来があると思うんだけどな。

あれれ?記事には小学館が入ってないよ。
[PR]
by mentoscoke | 2011-02-02 12:44 | 思うところ
Baiduライブラリ 黒船は背後からやってきた。やっぱ真っ黒
fladdictさんのブログが僕の第一報になりました。中国の検索最大手「百度(Baidu)」が自由に電子書籍をアップロードして共有出来るYouTubeの電子書籍版的なサービス、「Baidoライブラリ」を始めたようです。

漫画読めちゃいます、完全に違法。出版社が後手にまわってるあいだに後ろからバッサリと切られた感じ。

ついに電子書籍もイタチごっこがスタートしてしまいました、規制してもまた次から次へと出てくるでしょう。

みんな魅力的な端末が出たのに電子書籍はほとんど無ければ自炊(自分裁断機でバラしてスキャンして電子化の意)しちゃうし、やっぱとてつもなく面倒だからみんなで共有しましょってなっちゃいますもの。自炊なんて言葉がすでに定着してたわけですから機は熟してたと言えます。

既得権益守るために業界団体作ってるうちにコンテンツが漏れて漏れてエクスプロージョンしてしまいそう。

問題はビジネスモデルが崩壊して新しいコンテンツが作り続けられなくなること。コンテンツ作る側なので非常に憂慮してます。

最初から電子化されてればね、自炊なんかしないのに。裁断して全ページ裏表スキャンなんて絶対面倒だもの。録画してYouTubeアップとは手間が違いすぎるし。エコじゃないし(笑)

結局消費者はどっちが楽かってことです。売り方変えても自信をもって良質なものを作ることに専念してほしいな。

さて現状BaidoライブラリはFlashベースなのでiPadなどiOS機器では見れなそう。でもPCでダウンロードできるのでPDFリーダーがあれば持ち歩けてしまいます。

また現段階では特にコミックスとかはどこかの立ち読み版をもってきて投稿してる人がほとんどみたいで本格的自炊はまだ数タイトルのようです。これからどうなっちゃうのかな?
[PR]
by mentoscoke | 2011-02-01 17:54 | 思うところ
ソニーリーダー発表について
先週25日、ソニーが電子端末「リーダー」を発表しました。
26日付朝日新聞朝刊でも経済面に大きく取り上げられていました。「読書専用、多機能に対抗」参入が相次ぐコンテンツ配信ビジネスと連動して、激しい競争がはじまる、、、という件ではじまる記事です。
記事は特にiPadやギャラクシー、ガラパゴスといった多機能型とキンドル、リーダーの読書専用型の違いについてあげ、ソニーは「読書好きには専用機が受け入れられやすい」とみている、とありました。

また、電子書店も乱立という見出しで、リーダーの「リーダーストア」、NTTドコモと大日本印刷が提携、ソフトバンクもグーグルアンドロイドマーケット向け配信予定、シャープ、紀伊国屋、角川と次々と参入が続くと報じています。そのうえで米ソニーエレクトロニクス副社長が「日本の市場は高い可能性があるがこれほど複雑でわかりにくいのは日本だけ」電子データの規格統一や出版業界の根強い警戒感の解消が課題とまとめています。

電子書籍元年となにかと騒がれている昨今、こういった話題が紙面を賑わせていますが、個人的には違和感がつきまといます。本当に激しい競争がはじまるのか、この表現には希望的観測が含まれている感じがするのです。

もっとも重要な点、どう書籍を購入させるか、というところにおいて多機能型にせよ専用機にせよ違いが大きくみられます。iPadにはiBooks、またはiTunesのAppStoreが購入のゲートです。アンドロイド搭載機はアンドロイドマーケット、読書専用機のキンドルもまたアマゾンキンドルがあります。
もちろんリーダーストアもこれらに代わるものでありますし、シャープのガラパゴスも当然用意してくることでしょう。

しかしながらここで注意しておかなければならないのはiTunesもアマゾンも実はずっとずっと前からあったもので、しかもどちらも読書以外での利用率の高いものである点です。それについ先日アマゾンも音楽配信サービスを開始したのも興味深いものがあります。どんどん両者は近付いているのです。

それこそアマゾンは書籍ネット通販サイトが始まりでしたが今では様々なものが買える巨大なマーケットになっています。玩具を扱い始めた時には黒船が来たと玩具業界で騒いでいたのを思い返します。そうやって広がったアマゾンが本業の書籍分野で満を持して投入したのがキンドルでした。

iTunesはもともとは無料のiPodの音楽管理ソフトでした。それが音楽配信サービスを始めて、さらにiPhone 3Gの登場とともにApp Store を展開、アプリケーションの購入も出来るようになりました。そしてiPadの登場とともにiBooksという電子書店を立ち上げたのです。

iTunesを航空母艦ととらえると、iPhone、iPod touch、iPadはそれぞれ性能の種が違う戦闘機に例えられると思います。戦闘機の性能、機能をアップデートし続けたうえで無料で提供されるしっかりとした空母はやれ音楽、アプリケーション、書籍といったあらたなマーケットに戦闘機を連れて行ってくれる、そこにiPadの強みがあるのではないでしょうか。

この論点から考えるとどうしても「リーダーストア」単体で挑むソニーやシャープガラパゴスが力不足なのは否めません。ましてや出版社が立ち上げている電子書店はインターネットサイトをパソコンを介して提供するサービスであり、購入までのプロセスが多く普及へは遠いものとなるでしょう。

さらに当の「リーダー」は通信機能を持たないので、キンドルのようにキンドル単体で3G通信で書籍が購入できないという記事が翌日にまた新聞に掲載されていました。リーダーストアは2万点以上の書籍をそろえても立場は他の電子書店と同じパソコンを介しなければならない同じ立場にあります。

そういった電子書店が乱立する中では確かに電子データの規格統一などの業界の足並みをそろえる必要がありそうです。iモードで読む書籍かったんだけど他で読めないとかパソコンでどこどこから買ったんだけど持ち出せないとか。ほんとうに複雑でわかりにくいのは日本だけなのかもしれませんね。

こうなってくると戦略が恐ろしいのはやはりアマゾン・キンドル。
自社で専用端末を出しながらも実はiPhone,iPod touch,iPad向けにキンドルのアプリケーションが提供されています。そのアプリケーションからアマゾンの電子書籍が購入・読書ができるのです。アマゾンにとってはキンドルは書籍販売チャンネルの一つでしか無く、それはiPhoneでもiPadでも構わないという考え方なのです。やっぱり端末を売って利益を作るための会社ではなく、書籍を売って利益を作る会社は強いです。ソニー大変そうだな。

ですから先週のソニーの発表でもiPadアプリとしてもリーダーが出るという噂すらでるほど市場はすでに前に進んでいるのにまだ端末で稼ぐビジネスモデルの発表が行われた事に残念な気持ちでいっぱいです。iPadアプリも出すくらいのソニーの気概がほしかった。

しかしながら出版各社の思惑をまとめて日本語版電子書店を用意したという点においては評価に値するでしょう。通信機能付きリーダーが出せなかったのもなかなか出版業界のそれこそ警戒感が壁になったのかもしれません。ただ、キンドルもiBooksもまだ日本語に対応できていないのも事実です。これには同じ理由があるのでしょう。日本だけが取り残される不安がこのところ気がかりです。この点についてはまたそのうちじっくりと考察していきたいと思います。それでは。
[PR]
by mentoscoke | 2010-11-30 22:25 | 思うところ
AmazonがMP3ダウンロードサービス!?
c0166765_2173022.jpg
今日からだそうです。Amazonが楽曲ダウンロードサービスを始めました。

リンク▶Amazon MP3

kindle VS iPad どころかAmazon MP3 VS iTunes Music Storeの様相。サービス面でどんどんアマゾンとアップルがオーバーラップしてきています。

つくづくここ1、2年で世の中動いてるなぁと感じる今日このごろ。

今のところAmazon MP3は専用のダウンローダーで曲をダウンロードするとデフォルトで自動的にiTunesに読み込まれるようで、サービス的には真っ向勝負もデバイスではAmazonがAppleに寄り添う形に。さて今後どうなるのでしょうか・・・
[PR]
by mentoscoke | 2010-11-09 21:16 | 思うところ



作品の紹介や日々の業務、プライベート等をレポート。定期更新にくじけています。 福島県出身。 ご依頼ご連絡は下記アドレスへ。   mentoscokeアットマークgmail.com   
by mentoscoke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
リンク
カテゴリ
全体
業務
私事
作品
告知
思うところ
iPhone/iPad
カメラ
猫写真
パソコン
工作
原発事故
おもちゃデザイン
科学
建築
そのへんの街角から
鉄道

取材
スポーツ
Bトレインショーティー
究極超人あ〜る
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 08月
お気に入りブログ
鉄ヲタのパパの部屋!!
デザイン事務所シクロ W...
かものはしや店長ブログ
最新のトラックバック
Appleをもっと詳しく..
from Apple
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
季節のご挨拶
at 2018-11-30 12:27
(有)デザイン事務所 シクロ..
at 2018-10-25 16:50
デザインしました→Bトレイン..
at 2018-02-19 12:00
デザイン・撮影しました→ドラ..
at 2018-02-12 12:00
デザインしました→ガンガンチ..
at 2018-02-05 12:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧